×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

~ 国 I 理工 I 受験体験メモ(試験) ~


・ 1次教養(多肢選択)
        大学入試当時の記憶力テスト?という感じ
        過去問を入手して記憶を呼び覚ますべし
        判断・数的推理[10]は理系として得点源とするところなので、苦手な人は早めに手を打つべき

・ 1次専門(多肢選択)
        必須:工学の基礎
            大学学部教養時の記憶力テスト?という感じ
            過去問を入手して記憶を呼び覚ますべし
            侮っていると大失敗につながるところなので、事前にきちんと練習すべき
        選択:
            過去問を入手して、選択できそうな分野をあらかじめ把握しておくべし

・ 2次総合(記述)
        A4横罫線両面、普通の課題作文。量的には裏面にいけばよい?という話なので、1000~2000字程度でよい模様。
        序論本論結論という感じで、かつ、論旨の通ったものならば大丈夫という話
        配点も(1/10)なので、対策は不要?(私はしなかった)

・ 2次専門(記述)
        大学学部の専門の入り口をきちんと学んでいればOKだと思う。
        院試の勉強していれば余裕のはず。(院試より簡単)
        6~7割とれば十分

・ 2次性格検査
        「自分は神の使いか?」とかふざけたような質問があるけど、それがふざけていると分かれば問題無いらしい。

・ 2次人物試験
        官庁訪問の部分を参考に
        ここでのみ関係するのは以下

        当たり前に感じる人もいるかもしれないが、受験番号を忘 れずに
        志望順位の欄について、自分の志望動機と志望順位のつじつまを合わせるのがミソ
        (人気官庁をむやみにいれたりしないこと)
        ここで書いた順位は各官庁へは伝わらない=官庁訪問と関係ない
        面接前に説明されるが、面接時に大学名を言ったら不合格ということだが、うっかり言ってしまった程度なら問題ない模様。

※転載自由。但し、出典として、当サイトへのリンクを明示すること。
ホームへ